三重県の津市でネットビジネスをしています。 地域密着型ビジネス集客コンサルタントの上川です。 ネットビジネスを始めて5年が経ちました。 その経験を生かし、「ネットを使った小予算での集客方法」を具体的にブログ等で公開しております。 また、もし今現在ネットで上手く集客出来てない会社経営者や個人商店の方、サロン系のオーナーの方、士業の方、あるいはネットでどうやってお客を集めたらいいのか教えて欲しいという方は是非ともメッセージしてみてください。 いつでも気軽にアドバイスをいたしますね♪


【幼少時代】 福井の田舎で生まれ育つ。 生まれたときは体重がヘビーな赤ん坊だったとのこと。 ただそこから成長が他の子に比べて止まり、幼少の頃は体の弱いガリガリの小さな子供。 言葉をしゃべるのも他の子に比べて遅く、親が何かの病気ではないかとマジで親戚に相談したほどの奥手。 また幼稚園時代から元来の体の弱さからか?重症のアトピー皮膚炎にかかり体中にブツブツができる。 いつも熱を出したり、体中がかゆくてうなされたりして、毎週のように親が地元の病院を梯子する羽目に。 小学生になってもアトピーに悩まされ続け、あちこちの病院やアトピーに良いとされてる温泉に親と一緒に行きまくる日々。

【小・中学生時代】 体が小さいにも関わらず、当時のスター選手であった巨人の王選手に憧れ、 野球とソフトボールを始めることに。 将来は野球選手になりたいと思ったぐらい野球中継を毎回欠かさず見る生活を送る。 ところが、元来の体力のなさと体がチビであるせいか? 中学に入ると同時に早くも現実を知り挫折する。 チビだったので、どうしても身長が欲しかったのでまったく興味のなかったバレー部に無謀にも入部する。 自分だけジャンプしてもネットに手が届かずに、女の子にバカにされていつも笑いものにされ続ける。。。 また同級生の女の子からは、言葉でのいじめも経験。 そのせいか? ついに「女性恐怖症」にまでなるぐらい落ち込む。 またあまりの身長の低さに親を怨み、何度も食って掛かった経験あり。

【高校時代】 1年生の時は、相変わらず一番背が低く、さらにコンプレックスが強まり女性恐怖症」は治らず。 またクラスでもごく普通の学生で身長が低いこと以外に特に目立った様子もなく、普通の陰気くさい学生時代を送る。 成績もクラスの中から下ぐらいをウロウロ。 その時も、唯一の心のよりどころがプロレス観戦。 プロレスが無ければ、おそらく当時の自分は生きていけなかった。。。 それぐらい心のオアシスだった。 部活動も1年間卓球部にいたが、その後辞めて2年生からは帰宅部に。 ※卓球部に入ったのは、チビの自分でもハンデがないと思ったから。 今思い出しても、特にいいこともなく暗い学生時代であった。 ただそんな暗い高校生時代も、3年生の頃になると?! 体に異変が起きた・・・・・・ 運動や部活動を辞めた途端に、あれよあれよという間に身長が伸び始める。 卒業するまでは、1年生の当時の153センチから20センチも伸びた173センチに! 今思い出してもクラスメイトなどの視線が変わったのをよく覚えてる。

【予備校時代】 当時のクラスメイトの9割が現役で大学に合格する中、自分はというと大学受験に失敗し、1浪することに。 親がとても理解があり、初めて一人で東京に上京し、代々木ゼミナールに1年通学することに。 憧れの東京での生活は夢と希望がいっぱい。 勉強するよりも、遊び中心ですべての生活が新鮮で田舎の高校時代とは違ったはじけた別の自分に変身! 外見もおしゃれになり、その時に生まれて初めて美容院に行く。 しゃべり方も段々と様になり、見かけも都会人らしくなる。 当時一人暮らしをしてた下宿には、全国各地から予備校生があつまり、毎日のようにドンちゃん騒ぎで楽しい下宿生活を送る日々。 まだまだ子供だったが、身長だけは伸びつづける。 この時、バイクの免許も取り、それなりに楽しい東京生活を送る。

【大学時代】 1浪し、希望する大学ではなかったが、私立の大学に見事合格。 でも、なぜか東京の大学なのに1年生のキャンパスは厚木という山奥の何もないど田舎で学生生活を送る。 女性も多く、それなりに楽しい学生生活を送るが、本質的には「女性恐怖症」はあまり改善されてない模様。 ところが、ある時を境に彼女ができる。 そこから、女性に興味を持ち始めることに。 また当時は日本がバブリーなこともあり、それなりにダンスパーティーとかディスコとかの遊びの経験も。 サークルは当時は少しは自信のあったスキーの経験を生かし、スキー部に所属する。 ただ、そこでの人間関係や部の方針が合わなく1年で退部する。 でも、スキーは自信があったのでその時にスキー検定2級を取得。 その後の大学時代は、理工学部ということもあり、研究レポートに追われるのとバイトばかりをする日々を送ることに。 留年することもなく、無事に大学を4年で卒業。

【社会人時代】 東京の大学を卒業すると同時に、当時内定していた不動産会社に就職。 当時はまだバブリーの残像があり、景気も良かったので不動産会社の初任給は抜群に良かった時代。 単に給料がいいのと、宅建資格を会社でただで取らせてくれるという極めていい加減な理由で就職したはいいけど・・・・ 入社した会社がとんでもない会社で早くも6月頃にウツ状態。 先輩社員や同僚のいじめにも遭い、営業部門をクビ同然で追い出され、本社のやりたくもない経理部門に配属される。 そこでの女性社員の先輩はみなさん優しくて良かったのだが、元々経理をやりたかったわけではなく、むなしい会社生活を送る。 嫌味な上司と仕事の不適格さから1年で会社を退職。 といっても次に行くあてもなく、仕方なしに実家に帰ることに。 こうして憧れだった東京生活にピリオドを打つことに。

【パチンコ業界時代】 右も左も何も分からない状態のまま、最初は知人のパチンコ店オーナーから 「プー太郎してるなら手伝わないか?」 という一声で就職することに。 当時は今とは違って、まだまだパチンコ業界が柄が悪く、店員も客も●クザまがいが多かった時代。 20代の若造は、当然舐められ客とも口論したり、時にはケンカになったりしたことも。 ただ仕事は真面目に取り組み、そのうち段々と業界の面白さや奥の深さに 引かれていき、いずれは釘師になって店のオーナーになることを夢見る。 最終的に、主任時代に当時働いていたホールのオーナーとやり方の違いでケンカするように辞めて単身名古屋に行ってパチンコの機械屋に就職。 そこで4年近くの修行を経て、ケンカ別れしたパチンコ店のオーナーの新規の店の店長として再度迎えられることに。 パチンコ店長時代は休む間もないぐらいにハードな業務と毎日を送り、7年半に渡って店長業務を全うすることに。 いつかは自分も一国の主となるべく、パチンコ店の経営者を目標にわき目も振らずに頑張ってきたつもりだが、それも叶わぬ夢と悟りはじめる。 そうこうしてる内にその後に全国区で有名な大手チェーン店など他県から ドンドンと競合が進出してきて、中小ホールの限界を思い知らされることに。 7年半の間、ほとんど休みらしい休みもなく旅行すら行けず、 「今まで自分は一体何のためにパチンコ業界で働いてきたのか?」 突然、むなしくなり、ついに14年近く働いていたパチンコ業界におさらばすることに。

【パチンコ業界を辞めた後から現在に至るまで】 パチンコ業界時代に参加したネット系のセミナーでとある人物と出会ったことでその後の人生が変わる。 その人物にネットビジネスのイロハを学び、その経験を生かすために無謀にも独立をすることに。 そして・・・今の自分がある。 2005年に独立をし、ネットビジネスで生計を立てるようになる。 といっても最初の半年以上は稼ぎもなく、パチンコ業界時代に貯めた資金で やりくりする時期が続くことに。 前職のパチンコ業界では人間の裏も表も見てきました。 それと同時に顧客心理というか、消費者心理を勉強しました。 人間を知るということで、人間観察はもちろん、心理や支援方法などさまざまなことを業界で勉強してきました。 それが、今のビジネスにもつながっていると私は思っています。 “インターネットを使って好きな時間に好きなだけ自宅で儲ける” 今でも思い出しますが、このような本を当時本屋で買った覚えがあります。 インターネットで・・・さらに自宅で、儲けることができるというのは、パチンコ業界時代はほとんど休みもなく、毎日15時間も労働してた私にとっては本当にすごく魅力的でした。 その本を見てから、パソコンを買って、さまざまなネットについての勉強。 最初は、パソコンを買っても、すぐにインターネットができないことや、ブログやらホームページもよくわかりませんでしたが、それでも独学で何とか形から始めました。 当然ですが、インターネットスキルも全くなく、パソコンのこともよくわかっていない、ましてやビジネスについてなんて何も知らないパソコン音痴の男が、簡単に独立してからビジネスをうまく進めることはできません。 ただ、毎日ひたすらパソコンに向かってブログを作ったり、ホームページをわからないなりに作って、お金を生む仕組みを作っていきました。 そうやって、1年半が過ぎてから 「もう、インターネットで稼ぐことは無理だ、どこか働く場所を探そう・・・」 と、1か月パソコンから離れ、自分は本当は何がやりたいのか?考えました。 その中で出た答えが、やはり人との交流であり、人とのつながりだったのです。 つまり、私はあまりにネットだけにこだわり過ぎてたのです。 何でもかんでもネットだけで済ませてしまおうという考えがいけなかったのです。 そして、地元で地域密着型で過去の私のようにインターネットで稼ぎたいという方を対象に何か出来ないかを考えるようになりました。 そうした方々にアドバイスするには、やはりインターネットが必要だということも理解できました。 結論が出てからは、本気でビジネスのことを学び、稼ぐ仕組み作りというものも、失敗を繰り返しながら、それでも、“目的”がはっきりしているので、なんでもできました。 そうやって、数年が過ぎて今振り返ると長くもあり、でも継続してきたことが 何よりも今の自分のビジネスの原点でもあり、少しの成功を手に入れられたのだと思います。 こんなビジネスの基礎も知らなかった私が、多数のクライアントをサポートすることができ、そして、何よりも私を信じてついてきてくれる人がいるというのは、本当にうれしいことです。 これからは、本格的に地域密着型を目指して、ちゃんとした形のものを作れるように、これからも日々がんばっていこうと思っています。 インターネットは、地方こそチャンスが多い! そして、そのチャンスをものにしていくのは、“継続していく力”だと思います。 そんな、私ですが、もうすでに47歳になりました。 こんな、一人の40男の上川のプロフィールを最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

●下記は、私の主な取り組みと実績です。 実績紹介 ※2011年度12月に名古屋にて「たった30日で見込み客を3倍にする!アメブロ集客セミナーを開催! ※PPCヤフーリステイングにて開始わずか2ヶ月で売上100万円達成! ※電子書籍販売にてギャンブル教材を1000万円売り上げた。 ※電子書籍を多数出版の実績あり。 ※バストアップサロンの新規開拓を無料ブログだけで集客し見事に獲得した。 ※インターネット教材の代理販売で1000本以上の教材を販売し、1000万円以上の利益を得た。 ※2006年度に名古屋にてブログセミナーを5回開催! ※広告費0円で保険の新規開拓を成功させる ※広告費0円でゴルフ教材を販売 ※無料冊子配布だけでリストを2000人集めた実績がある ※パチンココンサルサービスにてたった3日間で300万円の売上を上げた。 ※ブログで集客したい方に個別サポートをし、ほとんどの方が集客に成功! ※個人メディア(ブログ)で月間15万アクセスを達成する ※メルマガの某ジャンルにて読者数3万人以上 ※まぐまぐのギャンブル部門にて読者数1万人超えでメルマガが殿堂入りに! ※地元三重県にて現役アパート大家として5年間経営中! 他にも税理士、個人事業主など、多方面でのサポート多実施中!

このページの先頭へ