今のあなたのブログタイトルでユーザーに興味は持たれてますか?

ブログタイトルはブログを運営する上でも特に重要です。

そしてブログタイトルで惹きつけることが出来たなら、次に大事なのが記事タイトルになります。

この記事タイトルには2通りの考え方が出来ます。

・検索エンジンを意識したキーワードを入れる

・リピーターや読者の目を引くもの

一番目のキーワードを意識することは、過去に私が何度も言ってることなのでもう言うまでもありません。

ですが、二番目のリピーターや読者の目を引くというやり方を意識してやってる方は案外と少ないのではないでしょうか?

アメーバブログの場合、読者になると、あなたのブログが更新された際に相手の管理画面に記事タイトルが表示される仕組みになってます。

そこであなたのブログの記事タイトルが見られるわけです。

その際に、相手の目を引くタイトルという意味でもですね?

ですが、二番目のリピーターや読者の目を引くというやり方は効果があります。

つまりここはある意味メールマガジンと同じ考えで、どうしてもブログの記事の中身を見てしまいたくなる仕掛けをですね?

記事タイトルのネーミングでしてしまうわけです。

そこでこの手法をやるうえで大事なことは何かというとですね?

『人は何か隠されると、どうしても覗いてみたくなる』

という心理が働くということです。

よくある雑誌やTVドラマでの最後の『つづく・・・・』ってやつです。

覗き趣味といったらちょっと下品になるかもしれませんが、これは人間の本能というものであります。

なので、我慢が出来なくなるわけです。

だとしたらですよ?

この人間心理を上手く活用して、記事タイトルで読み手の気持ちを惹きつけてみようっていうことです。

それが二番目の手法であります。

検索キーワードを意識した記事タイトルは検索エンジン経由での新規客を意識した手法であります。

それに対して、キーワードを意識せずにニュース性などのある一瞬で目を引き付ける手法はですね?

どちらかというと、あなたのブログの読者の方やリピーターの方向けの手法となります。

この2つの記事タイトルの付け方の手法を上手にミックスすることで、かなりの読み手をあなたのブログに呼び込むことも可能であります。

私もごくまれにですが、二番目の手法を使うことがあります。

といっても、いくら効果があるからといってもあまりに頻繁にやっては意味がありません。

また二番目の手法で気を付けないといけないのがですね?

記事タイトルで惹きつけるだけ惹きつけておいてですよ。

肝心の中身(記事)が大したことがなかったなんてことにならないように注意してくださいね。

実は、案外とこのパターンで失敗してしまってる方がいます。

これはメルマガでも同じです。

手法はあくまでタイミング良くやるから効果が出ます。

あまりに頻繁にそれをやってしまうとですね?

かえって読者の信頼を失うことになりますので取扱いには要注意です。

 

最後になりますが・・・・・・

ここで思わず中身を開いてしまう記事タイトルの一例を挙げてみましょうかね。

 

『あなたの会社の売上を一瞬で2倍にする秘策とは?』

『あるお店の売上がわずか10日でアップし始めました!詳細は本文にて・・・・』

『知人のある一言で会社の雰囲気が変わりました!その一言とは?』

『今回の記事は読まないでください!この集客法はとにかくやばいです。』

『明日からあなたのお店が劇的に変わるある方法を暴露しちゃいます!』

『止められない、止まらない。読むと行動せざるを得ません・・・』

 

いかがでしょうか?

どれもこれも記事の中身を知りたくなっちゃうでしょ?

 

アメブロで新規見込み客をジャンジャン増やす方法

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ